婚約指輪との違い


プロポーズ婚約指輪と結婚指輪はそれぞれどちらも古くからの歴史と大切な意味を持ってきた物です。婚約の証に男性から女性に送られる物が婚約指輪で、エンゲージリングとも呼ばれます。以前はプロポーズの際に渡す物というイメージが広く持たれていましたが、最近では女性の好みに合わせるためにプロポーズ後に一緒に買いに行くという人も増えてきているようです。婚約指輪には宝石をあしらった物が一般的で、永遠の愛の象徴であるダイヤモンドの他、誕生石やパールなどが選ばれることもあります。

一方の結婚指輪は、結婚式で指輪交換をすることでもお馴染みの物で、男女ペアで用意され、マリッジリングとも呼ばれます。宝石がついていて豪華な物が多い婚約指輪と異なり、結婚指輪は常に身につける物のため、日常生活を送る中でも使いやすいシンプルなデザインの物が好まれています。素材にはプラチナやゴールドなどが用いられています。ダイヤモンドなどの石が付いているデザインでも控え目な物が多く、価格も婚約指輪と比べると一般にリーズナブルなものが多いです。

女性は結婚式までは婚約指輪を左手の薬指に身に付け、式の当日は婚約指輪を右手の薬指にはめておきます。そして指輪交換の際に左手の薬指に結婚指輪をはめてもらい、挙式後に結婚指輪の上から婚約指輪をはめ直すのが正しいつけ方です。